So-net無料ブログ作成
検索選択

作家の上西晴治氏死去(時事通信)

 上西 晴治氏(うえにし・はるじ=作家)昨年11月10日、腎不全のため札幌市の病院で死去。84歳。北海道出身。葬儀は近親者で済ませた。
 アイヌをテーマにした作品で知られ、「十勝平野」で伊藤整文学賞、「コシャマインの末裔」で北海道新聞文学賞を受賞した。ほかに「オコシップの遺品」「ニシパの歌」など。 

【関連ニュース
小田実全集、初の電子出版で=来春から刊行
室伏哲郎さん死去=「汚職の構造」のノンフィクション作家
原田康子さん死去=小説「挽歌」がベストセラー
庄野潤三さん死去=家族小説書き続けた「第三の新人」
海老沢泰久さん死去=スポーツ小説で活躍、直木賞作家

2010年心意気
スプラッシュ
携帯ホームページ
自己破産
パチンコ攻略

陸山会疑惑で大島氏「民主は異常」 首相は「小沢氏自身が判断」(産経新聞)

 自民党の大島理森(ただもり)幹事長は7日午前、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が購入した土地をめぐる疑惑で、東京地検特捜部が小沢氏に事情聴取に応じるよう要請していることに対し「鳩山由紀夫首相の元秘書2人が在宅と略式で起訴され、小沢氏の秘書らが起訴や事情聴取されていることもあわせると、政治の常識ある倫理観の範囲では異常で異様だ」と強調するとともに、説明責任を果たすよう求めた。

 一方、鳩山首相は7日午前、「政治資金規正法の話は、ただすべき所はただすのが国会議員としての務めだ。小沢幹事長の問題は幹事長ご自身が判断される問題だ」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。

 マスクをし、コートを着込んだ小沢氏は7日午前、私用車に乗り込み、都内の自宅を出発。その後、都内の2カ所の個人事務所を訪れた。

【関連記事】
注目の小沢氏、無言で自宅を出て個人事務所へ
小沢氏聴取へ 徹底解明が検察の責務だ
西松違法献金 石川議員ら証拠隠滅か 強制捜査前後に資料搬出 
小沢氏に聴取要請 「陸山会」土地購入疑惑で東京地検
特捜部が小沢に“出頭要請” 不明「17億円」追及へ

でんのブログ
ウクライナ語で日本のニュースを読む
ネイルサロン
クレジットカード現金化 比較
債務整理・自己破産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。